学術奨励賞

大阪泌尿器科臨床医会奨励賞の発足について

大阪泌尿器科臨床医会は、在宅、地域医療を含む一般診療の充実、発展を目指しており、先進医療・研究の推進を目的とする日本泌尿器科学会とは趣旨が異なります。
今回、一般診療での経験・研究成果を広く会員に周知することを目的とし、奨励賞を発足することに致しました。奨励賞を通じて、医療全般に広くアピールする研究が生まれることを期待致します。

平成29年度大阪泌尿器科臨床医会学術奨励賞の公募について
学術奨励賞申請書

pdfPDFアイコンが付いている各種文書(PDFファイル形式)をご覧になるには、Adobe Acrobat Reader最新版が必要です。お持ちでない方は、ソフト(プラグイン)をダウンロードして下さい。
尚、下位バージョンではご覧いただけない場合がございますのでご了承下さい。

歴代受賞者紹介

第3回受賞者

平成28年11月12日の第70回学術集会において、下記の通り
平成28年度大阪泌尿器科臨床医会学術奨励賞受賞者(敬称略)を表彰いたしました。

亀岡 博(亀岡クリニック)
 演題名:「梅毒症例における治療後の血清抗体価の推移についての検討」

大町哲史 他2名(ベルランド総合病院泌尿器科)
 演題名:「GnRHアンタゴニストからアゴニストへの交替症例の検討」

第2回 受賞者
第1回 受賞者

to Top